DDJC │ Dance Documents Japan Committee

米国のダンサー/振付家のスティーヴ・パクストンリサ・ネルソンが日本で展開する芸術交流活動をマネージメントすることを目的とし、2008年7月に日本国内の芸術家、研究者、評論家、公共文化施設の学芸員等で設立。国内5カ所の文化施設で、パクストン氏が創始したコンタクト・インプロヴィゼーション(C.I.)の理解、1986年に始まる独自のメソッド“Material for the Spine(背骨のためのマテリアル)”を中心に、その思想や活動の実際を日本の様々な分野の人々が本人との直接交流を通して学び、対話し、新たなる身体芸術のあり方をともに探求する相互交流の場づくりを目指している。なお2010年東京で開催予定のアメリカン・ダンス・フェスティバルとの連携も予定。

DDJCメンバー

代表・委員長

  • 中谷芙二子|美術家、(株)プロセスアート代表取締役

副委員長

  • 浜田剛爾|美術家、国際芸術センター青森館長
  • 福本まあや|舞踊研究者、富山大学芸術文化学部助教

監査役

  • 玉井祥子|アートコーディネーター、元オーストラリア大使館文化担当官

実行委員

  • 藤幡正樹|美術家/東京芸術大学大学院映像研究科長
  • 岡田勉|スパイラル/(株)ワコールアートセンター チーフキュレーター
  • 阿部一直|山口情報芸術センター チーフキュレーター
  • 森裕子|ダンサー/振付家、京都の暑い夏事務局代表
  • 岡﨑乾二郎|美術家、近畿大学国際人文科学研究所教授
  • 片岡康子|早稲田大学大学院文学研究科客員教授

アドバイザー

  • 浅田彰|京都造形芸術大学大学院長
  • 石井達朗|舞踊評論家
  • 國吉和子|舞踊研究者
  • 外山紀久子|舞踊研究者、埼玉大学教授
  • 坂本公成|ダンサー/振付家、コンタクト・インプロヴィゼーション指導者
  • 山田せつ子|ダンサー/振付家、京都造形芸術大学教授
  • 立木燁子|舞踊評論家、ジャーナリスト

協力

  • 大脇理智|山口情報芸術センター
  • 川口隆夫|ダンサー/振付家
  • Jonathan M. Hall|映画研究者、カリフォルニア大学助教授

事務局

  • 小鹿由加里|企画制作事務所アンダーライン
  • 田坂博子|(株)プロセスアート
  • 印牧雅子|近畿大学国際人文科学研究所研究員

webデザイン

  • 中村泰之

チラシデザイン

  • 佐々木暁